オンラインゲーム メイプルストーリーの中で自由気ままに暮らしている、黒崎のブログです。暇ならどうぞ見てってくだせぇ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばっぱー。1か月ぶりに更新する黒です。
みなさん、今年の冬はどうですか?なんか、超寒い気がするのは俺だけでしょうか。
というか、雪すごいよ。この更新してる最中も外吹雪だよ。ここ数年見られなかった大雪だよ。
車庫の上の屋根に3,40センチは積もってる雪があるし、家の目の前には2メートル以上の雪山があるし、これでかまくら作れちゃうよ。
まぁ、一人で作る気にはなれませんが。誰か一緒に作ってくれないだろうか・・・。

さて、タイトル通りテスト終わりました。あとは、赤点の結果を待つだけ(ぇw
いやね、甘く見ていたよね。いくら資料持ち込み可だからって、あんまり資料に目を通さないのは。
取れる単位を落としてしまったかもしれない。いろいろとやばい・・・。
統計学は、まぁ、イミフなんでとりあえず赤点決定かなと思ってます。
何にしても再試までの執行猶予期間の間、勉強しながら楽しみたいと思います。

んじゃ、小説の更新でもしますかね。
 そして、本格的に高校生活が始まった。次の日からは春休みに配られた課題のテストを受け、応援団による放課後の校歌・応援歌の特訓、各部活動による部活動紹介、そして通常授業の開始。やと高校生らしい生活が始まった。不安であった友達作りも、松原と行動を共にしながら順調に友達ができた。事項紹介で面白い紹介をしたやつは、予想通り同類だった。すぐに仲良くなれたのはいいが、どうやら予想をはるかに上回るレベルだった。世の中にこんなレベルの仲間がいるのかと思った。後々わかったことだが、どうやらうちのクラスは同類と呼ばれる仲間が多いことがわかった。
 さて、そんな俺は部活動は弓道部に入ることにした。中学の時、卓球部に所属していて、その時の先輩が多くいたこと、また新たなことをしてみようと思ったのが入部の理由だ。その時、一緒に登校していた友達も弓道部に入りたいと言ってたのも理由のひとつだが。しかし、入った当初から中々に厳しい部活動ではあった。毎日が地獄のようなトレーニングであった。ランニングから始まり、その後決められた筋トレを順序良く行っていき、姿勢が悪いと先輩の怒号が飛び交い、返事の仕方1つでも不備があれば怒られる。ランニングは、前回のタイムより遅ければペナルティが課せられる。苦痛ではあったが、それでも頑張って続けた。自分を変えようと必死に抗い続けた。
ゴールデンウィーク中の遠足という名の筋トレ地獄は非常に精神的にごりごり削られたが。
 そんなこんなしているうちに6月、高校生活初めての体育祭を迎えようとしていた。それぞれクラス対抗で1クラスずつテーマを決め、それに合わせた衣装やバック版を製作する。そんな準備期間はやはり楽しいものであった。何においても、準備が一番楽しいものだ。ただ、自分の中では不安があった。中学時代の傷が癒えていないことだ。女子からひどく差別を受けた俺は、女子にあまり近づかないようにしていた。だから、準備の時もあまり近づかないようにしようと思っていた。しかし、
「黒崎君、こっちの紙にテープで固定しといてー」
「あ、はい」
「次、こっちとこっちよろしくー」
「あ、了解です」
「ほら、そこの男共働けー!」
「「「えー」」」
「・・・・・」
近づかないようにしようと思っていたが、かなり積極的に話しかけられていた。最初は疑念を持っていた。時間が経つにつれ、「どうせ避けるようになる」と思っていた。だが、そんなことは一切なかた。この時には、まだそんなことは知る由もなかったが。
何はともあれ、体育祭当日。絶好のコンディション。空には雲一つない快晴が広がり、空の青さが際立っていた。そして、嫌というほど暑い。何なのだろう、この尋常じゃない暑さは。汗のふき出す速度が止まらない。
「まったく、どうしてこんなに晴れてしまうんだろう」
と、愚痴をこぼしたのは松原だった。
「俺たちみたいなインドア住人が、こんなアウトドア的なことをするのは無理な話だ
「いや、まぁ、そうかもしれんが。それでも、君は俺なんかよりは体力あるじゃないか」
「いやいや、何を言ってらっしゃるカズさん。そんなご謙遜しちゃって」
「いや、それは事実だろ」
「またまたー。冗談はきついぜ、兄ちゃん」
「・・・まぁいいけど。それにしても、この照り具合だと確実にやけるなー」
「ああ、そうだな。・・・ん?」
突然、松原が会話をやめ何かに気付いたようになった。何に気付いたか俺が尋ねようとしたところで、
「よぉ、一真、松原、元気にしてるかい?」
「おいーす、2人とも」
と、2人組の男子が声をかけてきた。
 最初の佐久誠二。身長は165センチ前後で、体格は少しがっちりしていて、眼鏡をかけている。通称ジョン。自己紹介の時、某アニメ作品で使われた名前を使って紹介したため、そのあだ名がついた。俺たちと同じでオタク。しかし、ジャンルは広く守備範囲も広い。ボーカ○イドの初音○クをこよなく愛している。
 もう一人は渡駿平。175センチぐらいの長身で、少しぽっちゃりしている。顔は癒し系。こちらも、俺たちのオタク仲間。とりあえず、ロリコン。何かしら、そのネタをひっぱるとたまに「性的じゃないんだよ、愛でてるんだよ!」と反論している。面白いのでいつもからかっている。
「おう、お2人さん。まだ元気ではいるけど、この暑さじゃすぐばてそうだ」
「だよなー。俺もう帰りたい」
「まぁ、頑張れ」
「えー、あついー。だるいー。溶けるー」
「まぁまぁ、お2人さん。そんな時は・・・やらないか(キラッ)」
「「やらねぇよ」」
とバカなやりとりをしていた。
「で、2人は何の話をしていたんだ?」
佐久が話題を戻した。
「いや、この暑さで日が照ってるからやけるなーって。そしたら松原が何か思いついた感じ」
俺は佐久に事情を説明した。
「ほーう。松原、それは本当かい(ニヤリ)?」
と今まで会話のやり取りをしていなかった松原に尋ねた。
「あぁ、俺は気づいてしまったぜ・・・。」
と、松原は悪者であるかのような笑みを浮かべた。
「もしかしたら、俺たちはリア充になれるんじゃないか」
「「なん・・・だと!」」
佐久と渡が驚愕のあまり震えていた。俺はそれをじっと眺めていた。
「で、どうするんだ?」
と、俺は呆れながらも尋ねた。
「それは・・・肌をやく!」
と、ひっそりながらも迫力ある声色で告げた。
「・・・は?」
と俺は首をかしげた。
「考えてもみろ。リア充と呼ばれるやつらは皆スポーツをやって日焼けしている。つまり日焼けすれば・・・」
「ま、まさか・・・!」
「そう、スポーツやっていると思われ、もてるんじゃないか!?」
「「な、なるほど」」
と2人は納得していた。
「さすが松原!その発想はなかったぜ!」
「ああ、お前天才だな!」
「ふっ、だろ?」
と2人におだてられ、松原は前髪を上に払うように手を動かし、格好つけていた。俺はそんな3人のやり取りを見ていて、心中で思った。
「・・・同学年無理だよなー。」
日差しはどんどん強さを増し、汗の量も増え、グラウンドに人が集まっていた。




今回はこの辺で。ちょっといつもより長めかな?だって、打つのに2時間もかかってるもん。
めっちゃ指が痛いっす。疲れた・・・。
新キャラ登場!ってことで、ちょっとギャグ要素が入りましたが、別におもしろくはないと思います。
なんせ、自分たちがやりそうなやり取りを想像して書いただけですし。
また、読んでいてアドバイスあれば答えていただけると嬉しいです。
それでは、ばいにー☆


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2012/02/03 23:56】 | 趣味
トラックバック(1) |


おもち
俺もこんな青春が送りたかった…

返事
黒崎
おもちs
でも、なんか青春っていう感じじゃない気がするww
まぁ部活は青春だったかもしれないが。


まんくん
懐かしくて涙出てきた

返事
黒崎
まんくん
そんなコメントもらえてうれしいですw
なんかこんな会話したなーとか思いながら書いたからね。
そんな風に泣かせることもできたらいいなーと思いながら書きますよ。

コメントを閉じる▲
こんばっぱー。最近、何かと雨の日が多くなってきて寒いですね。皆さんはどうお過ごしでしょうか?

そんな俺の雨の日の過ごし方というか、雨が降ったらしていること。まぁ、外出限定ですが。
皆さん、雨降るときは傘を持ちますよね?俺ももちろん持ちますが。
で、学校に行くときって電車で行くんですが、乗換えの時とかホームで待たなきゃいけないんですよ。
その間暇じゃないですか。なので、俺は傘を使ってバランスとりをしているんです。
えぇ、周りから見たら「あいつ何してんだ」と思う人もいるでしょう。
しかし、俺はそこを気にせずやります。どう思われようとやります。暇なんで。
風とか吹いてなかったら1分以上はいけると思います。えぇ、もう曲芸師になれるんじゃないかぐらい。
多少の妨害をされても倒しません。階段の上り下りもできちゃいます。電車の中でもできちゃいます。
無駄に極めた結果、ある意味どこでもできる人になりました。
無駄な特技を1つ増やしてしまいました、今日この頃な黒です。

さて、タイトルの通り、俺の誕生日の日に部活で定期演奏会という名のコンサート?があります。
なので、それに向けて土曜をつぶして猛特訓中です。俺の貴重な自由時間が・・・。
まぁ、でもしょうがないです。好きなことをやるわけですし。

あ、それと同時に俺は一人暮らしをすることになりました。
なんか、なんだかんだでいろいろと手続きをある程度済ませ、@ちょぃちょぃ書類を書けばOKみたいな。
俺、生活力0に等しいんだが、まぁ生き延びてみせます。


では、今回の本題、お待たせしました。 小説の続きをどうぞ。
 4月初旬。俺、黒崎一真は今日から高校生となった。よく晴れた日だった。快晴の空は、気分を清々しくしてくれた。朝食を終え身支度を整え、外に出るとまだ少し肌寒く、冬の余韻が残っている。今日に限っては、徒歩で登校した。本来は自転車で登校するのだが、それをするには学校指定の許可証のシールを貼らなければならない。それは今日もらえる予定なので、実質自転車登校は明日からとなる。少し歩くには微妙に遠いが、歩いていけない距離ではない。風が少し冷たく、吐く息が白くもれる。踏切を越え、20分程度歩いてやっと着いた。これから3年間通う高校だ。残念ながら、校舎改築のため仮校舎のプレハブというみすぼらしい姿ではあるのだが・・・。環境もなかなかやばそうだ。劣悪といってもいいのかもしれない。なにせ、風がよく通るため、寒いのなんの。冬場を思うと今でも身震いする。まぁ、それも仕方ないことだと思い諦めることにする。なんせ、ここの高校以外親に許してもらえず、運よく推薦をもらって入学できた。というよりは、この年に限ってひどい定員割れという事態で全員受からせるしか方法がなかったのだろう。父親に、「ここは穴場だ」と言われ、希望出してみたものの本当に穴場になってしまうとは・・・。それでも、入試の時は小論テストと面接でこてんぱんに、終わった後吹雪の中泣きながら走って帰った記憶がある。その後反省し、受験勉強は始めたが、1週間後に合格通知きたときには大いに喜んだ。それから春休み中は、課題をやりつつも、かなり遊んでしまった。少し勿体ない時間の使い方をしてしまったと公開している。しかし、過ぎたことはしょうがないしこれから頑張ろうと決意を新たにした。
 自分の教室に向かって歩いて、ドアを開けるとそこには何人かのクラスメイトがすでに誰かと話していた。ずいぶんと適応力の高い人たちだと思った。自分にはとても真似できない。臆病で人見知りな性格ゆえに、中々なじめないのだ。とりあえず、自分の指定されている席へと移動し、リュックをおろした。と、そこへ
「よぉ、カズ!」
と陽気に話しかけてきた男子生徒がいた。彼の名は松原智也。細身の長身で眼鏡をかけている。幼稚園、中学が同じのオタク仲間である。言い忘れていたが、自分もオタクというのは認めるが彼ほどではないと思っている。
「おぉ、松原。元気そうで何より。卒業式以来だっけか?」
「そうだな。そうすると、1か月ぶりか。」
「もうそんなになるんだな。時が経つのは早いもんだ。」
「何じじくさいこと言ってるんだ、君は。それより、メアド交換しようぜ。お互いしてなかったろ。」
「おぉ、そうだったな。・・・・・・ほいっと。んじゃま、これから3年間よろしく。」
「どもども、こちらこそよろしく」
そんな何気ないあいさつを交わす。その後、ずっと担任の先生が来るまで二人で話していた。春休みのこと、他の高校の話、これからのことなど。何のとりとめもない話だ。そして担任が来て、高校初のHRが始まった。連絡事項を言い、体育館が狭いため教室で入学式を行った。校長の話を聞いてから、1時限分の時間を使って一人ずつ自己紹介を行っていった。それもすぐに終わって、教科書販売や体操服、内・外履きを買い、教室に戻り、担任が今後の予定を話し、今日はお開きとなった。何人かの人と話すことができて、少しホッとしている。悪い奴らがいあなさそうで何よりだ。
「カズ、帰ろうぜ。」
「おう、今行く。」
松原が声をかけてきたので、自分もあとに続く。
「しかし、自己紹介であんなこと言うやつがいるとはな~。」
「あれには驚いた。明らかにうちらと同類だよな。」
「今度話しかけてみようぜ。きっと面白いやつだろう。」
「そうだな。仲良くなりたいな。」
これから新しい生活が始まっていくのであれば、友達作りは一番大事なことだ。人見知りである俺は、いつも友達作りが不安である。今までなんとかやってはこれたが、運が良かっただけだろう。とりあえず、自己紹介で面白かったやつと名前の前後くらいの人とは仲良くなっておこう。
「んじゃ、また明日な。」
「おう、また明日。」
そんなことを考えているうちに、松原の家に着いたのでわかれて自分の帰路につく。
日も落ち始め、オレンジ色の光が空一面をきれいに彩っていた。




今回はここまで。とりあえず、本編導入部分ですかね。
一応友人一人は出しましたが、口調とかは気にしないでください。
俺も、文章書いてて「どうだろう」と思う部分はあるので。
まだ、つまらない話が続くとは思いますが、どうぞお付き合いください。

では、ばいにーーー☆


追記を閉じる▲

【2011/11/14 00:09】 | 趣味
トラックバック(0) |


ナツキ
タイトル:アクセス数アップ方法

【無料アンケートコンテンツプレゼント】
はじめましてfc2ブログの☆ナツキ☆と申します。
ブログを見させていただき、アクセスアップのご提案させていただきたくコメントさせていただきました。

私のブログでも利用しておりますが、完全にフリーで使えるブログ【コンテンツパーツ】です。
コンテンツパーツを張り付けることで、ブログのコンテンツ充実閲覧リピート、そしてアフェリエイトよりも堅実な収益を生み出すことができます。

特典その1、日々アンケートに答え正解すればアンケート賞金の獲得
特典その2、ブログコンテンツパーツを貼り付けることで、閲覧のリピートを増やし、アフィリエイトよりも堅実な収益を生み出すことが可能!

※ブログを見にきてくれた方に、商品購入をお願いするものではありませんし、あくまで自分のブログを充実させる為のコンテンツです。

せっかく作ったサイトもアクセス数が上がらなければ意味がないですよね?大事なサイト、ブログのアクセスアップのお手伝いをさせてください。
--------------------------------------------------------
■コンテンツパーツ利用料:フリー
■報酬:1日50アクセス位あれば月に3,000円程度
--------------------------------------------------------

詳しいプログラム内容は私のブログでの活用方法をご参照ください。
ttp://pietan4818.blog.fc2.com/

※h抜いてあります

または、サービス提供会社である私の所属会社「株式会社オッジPFT」のWebサイトをご覧ください。

ttp://oggipft.com/jigyou_pay?id=8

※h抜いてあります

9月のサービス開始以来、驚異的な数のブログ運営者様にご参加いただいております。ぜひご検討の程宜しくお願いします。
※PAYコンテンツご利用していただいた方へコメント残していただけたら幸いです♪

最後までお読みいただきありがとうございました。


コメントを閉じる▲
こんばっぱー。本日3回目の更新の黒です。
いや、なんでこんな更新するかって?
お友達が、俺の描いてる小説を早くupしろって言うので、頑張っちゃってるわけですよ。

まぁ、どういう話かっていうと、端的に言えば、一人の男子高校生が送る一時の青春とでもいえばいいでしょうか。
たぶんこれで全部だと思いますよ?ぶっちゃけて言えば。まぁ、内容はいまいちですがね。
俺の語彙力じゃ表現に乏しいところがあるので、あまりうまくは表現できませんが。
そこは大目にみてやってください。

では、始まりー。
『よくわからない恋愛事情』

 幸せとは何だろう。誰しもこの幸せの定義というものについて考えたことがあると思う。
 と言っても、この幸せという「感情」については人それぞれ違う定義があるだろう。
 程度の違いだったり、幸せを感じる種類だったり・・・。いまいちわからない部分が多い。
 「感情」というものは時に厄介なものだ。
こういった「感情」があるから、人間どうしの争いが終わらない。些細な意見の相違で戦争にまで発展し、何の関わりもない人までが巻き込まれる。そして無惨に命を奪われていく。あまりにも理不尽だ。そんなの許していいはずがない。神様がいるとすれば、迷いなく神様を恨むだろう。そんな理不尽なことがあってはならない。運命だとしても抗ってみせる。
 しかし、こういった「感情」があるからこそ、我々は時にそれを表情豊かに表現できる。嬉しさや楽しさ、喜びといった明るい気持ちは特に見ていて微笑ましいものがある。こっちもそういった気分にさせてくれる。そういった面においては「感情」というものは便利なものだ。
 だが、その中でも恋愛という「感情」は本当に厄介だ。どうしようもなく誰かを想う気持ちは、一度考え出すと中々考えるのを止められない。「今何してるか」とか「明日はどんなこと話そう」とか、終いには「自分のことどう思っているか」など気になり始めてしまう。そんな気恥ずかしい「感情」というのは厄介ではあるが嫌いではないと思う。その人を考えるだけで満たされる、ある意味これを幸せというものではないだろうか。だから、幸せというのはいかに自分の心が満たされている気持ちになるかということに尽きると考えられる。そんな一時の心が満たされる瞬間も幸せのうちに数えてもいいのかもしれない。

 人生なんて理不尽で辛いだけだ。だから、俺は世界というものを憎んだ。
 この15年という年月を、否が応でも生きていくことは、俺のにとって苦痛だった。
 そう感じたのは中学に入ってからだ。特に何かしたわけではない。何もしていないのに俺は周囲から仲間外れにされた。男子はそうではなかったが、女子が特にひどかった。俺が触れるものは不潔だと思われるのか、体育でボールを取って渡そうとしたとき、「拾わなくていい」と女子に言われ、そこで気づいてしまった。それがまだ、中学1年の4月の中旬頃だった。そして俺は、すぐに居場所をなくした。教室にいるのがたまらなく嫌だった。あの女子の反応をいつも感じながら生活する。俺が近くを通ろうとするだけで、汚物であるかのように遠巻きに避ける。それが俺の日常となっていた。担任には相談した。しかし、何の解決にもならなかった。だからといって、先生を憎んだりはしなかった。新米だったため、それもしょうがないと思った。友達には相談しなかった。いや、相談できなかった。迷惑をかけたくなかった。不安にさせたくなかった。だから、友達と話すときは、そういうのを気取られないようにするために、隠しながら話していた。もう、頼れるのは親だけだった。11月の初め頃、久しぶりに大泣きした。辛くて辛くて辛くて・・・よく自分はここまで頑張ってきたと思う。よく耐えたと思う。そんな俺は現実逃避をするために、以前やっていたネトゲを再開しようと思い、親に相談しパソコンを古いハードやらデスクトップを組み立てた。結局再開には3,4か月かかりその頃には中学2年になっていた。
 中学2年の最初はまだ穏やかだった。クラス下でメンバーが変わり、俺を避けていた連中はとりあえず離れた。教室にいるのも別に平気だった。それでも、よく他クラスに遊びに行ったが。しかし、結局状況は変わらなかった。3年に近づくにつれ、若干俺を避ける女子が現れ始め、3年になった時には明らかになっていった。結局、中学生活は自分の居場所がないことを悟った。そして、俺は誰からも必要となんかされていない、いらない子だというのを心に深く刻まれた気がした。何もかもが嫌だった。だから、俺は必要以上に女子を毛嫌いした。ただ、学年全員ではなかった。ある程度話す女子は何人かいた。ただ、クラスの女子のほぼ全員と1年の時に一緒だった人はほぼ全員で他クラスの何人かはとにかく嫌われた。何かしたわけでもなく、ただ理不尽に汚物であるかのような視線を受け続けた。そんな奴らが、道徳の時間で「差別」について語るところは、正直殺してしまいたいほど腹が立った。差別をしている人間は「差別はよくない」とか矛盾したことをほざく姿を見ると、俺の心は怒りで満たされた。中学時代は本当に憎しみの塊だった。俺は、そんな生活を過ごし女性不信になった。恋愛感情なんて、まるきりなかった。感じることすら疑問を持った。「何故、あんな奴のことを好きになるのだろう」と。表には出さないが、心中でかなり罵った。関係悪化させるのも面倒ではあったから。何度1日が早く過ぎることを願っただろう。最早4桁は超えたと思う。そして卒業。本当にせいせいした。やっと解放された気分だった。あのときの解放感は今でも忘れないだろう。
 そして俺は、高校へと進学した。一抹の不安を抱きながら・・・。


今回はここまで。いきなりダークな話で申し訳ない。
全然タイトルと違うんですよね。まぁ、読んでもらう方々にはたぶん理解していただけると思いますが。
では、この辺で。 ばいにー☆


追記を閉じる▲

【2011/09/12 19:04】 | 趣味
トラックバック(0) |


R35
お疲れ様です。
俺も言いたいことはいろいろあるけど、とにかく同意できるってのはホント。
俺も未だにこいつだけは許せないって人はいるしね。
辛いことや嫌なこと沢山だったよ、中学の時なんて。

ん~、こっちもちょっといろいろと書いてみるわ。


まんくん
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

続きを全裸待機ですねわかります

返事
xd黒崎一護bx
R35s
ね。そういう人だらけだったよね。
嫌な思い出しかない。
そっちのも楽しみにしてるよ。

まんくん
期待しないでww
そして服は着てww


やみさん
普通に上手いな・・・心理描写オンリーってのが気になるが。

返事
xd黒崎一護bx
闇黒奴s
最初は、主人公の心理描写を描いて、あとからこの主人公を中心とした物語が始まるって感じ。
この心理描写は前置きって形で。
これからいろいろと話が進みます。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。